うつ病の原因を知って対策と予防に役立てていこう

うつ病に見られる症状

男性

うつ病になる原因がわかると、予防と対策ができますがすでになっていた場合症状をじっくり観察してサインを見逃さないようにします。古典的なうつ病の症状は、マイナスな感情が沢山出てきます。不安や焦り、悲しみは当たり前で、原因が特定されていない点が最大のネックです。悲しくなる理由がないのに急に涙が出たり、不安や焦りが同時にきたり等気持ちが追い付かずストレスになります。最初のうちは、楽しいことがあると笑えますがうつ病の症状が進むと嫌な気分が再来し、落ち込んでしまいます。自分の存在を否定することが増えるので、自信がなくなり何をしても無駄だと悟ってしまいます。うつ病の症状が進むと何もないのに涙を流す事が多くなり、気分がずっと晴れません。二番目に多いのがやる気の消失です。発症の原因は個人で違いますが、共通するのは人間関係や仕事で重大な失敗をした時に出るようです。うつ病になる前は朝起きるのも辛くないですし出社する前の準備も苦ではありません。洗顔や歯磨き、着替え、髪を整えるといった簡単なこともうつ病になるとできなくなります。しかし頭の中ではやらなければならないという意識があるので思い通りにできない点はうつ病で最も辛い症状だといえます。

頭の回転が遅くなるのもうつ病の古典的な症状です。原因は働き過ぎによるものと元々持っている責任感の強さが関連しています。頭が正常に回らないため、物事に対し適切な判断ができません。症状がもっと進むと仕事が手につかなくなります。アイディアが浮かばず、凡ミスを何度も繰り返す場合は、うつ病の危険性があるため病院での治療を率先して受けるべきです。症状が進むと、自殺願望や自傷行為が目立つようになり、一刻を争う状況です。心が弱いからと放置すれば、最悪の結果が待っているでしょう。一番怖いのは自傷行為です。慣れてしまうとこれが普通になりエスカレートして最終的に悲しい結末を迎えるのです。うつ病は精神面だけではなく体にも数々の症状を出します。最も多いのは眠りが浅いことです。寝つきが悪く、入眠しても夜中に目覚めてしまうのはうつ病の症状によくあります。その逆もあり、一日中ずっと寝ている人や朝から夜までずっと眠いと訴える患者もいます。眠りのサイクルが狂った状態なので、精神的にも肉体的にも限界がきます。そのため、胃腸の調子が優れなかったり目や耳が悪くなったりと色々な場所に不調が現れます。

To Top