うつ病の原因を知って対策と予防に役立てていこう

悩む男性

社内でも十分な対策

うつ病の原因は沢山ありますが、現代社会人が発症する理由に職場内の人間関係や仕事量があります。最近は社内で出来るうつ対策というものがあるので、どのような対策が必要になるのか知るきっかけになります。

もっと見る

紙屑

ストレスの種類

うつ病の原因の一つにストレスがあります。このストレスにはいくつか種類があり、精神的ストレスと構造的ストレス、化学的ストレス、湿度と室温のストレスに分類されます。

もっと見る

新型うつ病との違い

男性

うつ病と新型うつ病は二つとも様々な原因がありますが、特徴が若干違います。うつ病は中年期の男性に多く、性格は至って真面目で几帳面、仕事や物事に対する責任感がとても強い反面、マイナスに考えるクセがあります。誰でも良い顔をするのがうつ病の特徴で、終始ニコニコしていてとても感じが良いです。時々集中力が落ちるので、仕事の最中も凡ミスが続きます。元気だったと思いきや突然落ち込み自分を責めてしまいがちです。趣味がなく、仮にあったとしても長く続かずお蔵入り。何もする気が起きないので身だしなみもだらしない印象です。うつ病は重症化すると朝から晩まで憂うつな気分が続きます。ただ、個人差があり夕方になると憂うつな感情がなくなる場合もあります。うつ病の症状が目立つと、食欲が落ちるので自然と体重が落ちます。この時が一番危ない時期なので、本人にうつ病であることを伝えて病院を受診しましょう。男性の場合は性欲がなくなりEDに繋がる事もあります。

一方、新型うつ病は、若い女性に多い現代病の一つです。規則正しい性格で、曲がった事が嫌いな超真面目キャラです。良い子を演じるため頼まれたことは必ず引き受ける等、自己主張が少ない点が気がかりでしょう。反面自分が他人の目にどう映っているのかが気になり心身ともに疲れてしまいます。おまけにマイナス思考になるので自分に自信が持てず生きるのさえ辛くなります。常にイライラしたり悲しくなったりと感情の切り替えが早く、小さいことをいつまでも引きずるのは新型うつ病によくみられる症状でしょう。夕方から夜にかけて憂うつな気分が続き、こっそり泣くことが多くなります。ただ、好きなことや自分にとって都合のいい出来事が発生すると途端に明るくなり周囲を驚かせます。食欲はうつ病と違って甘いものをよく欲しがるので体重が以前より多くなる可能性が高いです。また性欲が高くなり不特定多数の人と関係をもってしまう危険性も新型うつ病にはあります。これらの症状が出る原因としては、脳に様々な伝達を送るセロトニンが関係しています。多くある情報のうち意欲や気分、行動はこのセロトニンがコントロールします。うつ病になるとセロトニンの伝達に異常をきたしているので憂うつになったり食欲が出なかったりするのです。新型うつ病の原因で考えられるのはノルアドレナリンが関わっている可能性が浮上しています。ただこの情報も確かではありません。

医師と患者

治療の進め方

うつ病になった時、どのように治せばいいのかわかりません。ですが確実に治すなら原因を多方面から探してくれる精神科や心療内科が頼れます。薬と心理療法を用いて改善へ向かわせます。

もっと見る

男性

うつ病に見られる症状

心に刺さるような衝撃的な経験をするとストレスが襲いかかり脳に大きなダメージを与えます。これが原因でうつ病を発症する危険性がありますが、症状が出ていると早期発見に繋がります。

もっと見る

To Top